トモゾーの「4ミニってどーなん?」 その1

0
     (トモゾー企画)ライスポカップ R3 桶川スポーツランド SP100

    SP50EXPクラスで常にトップグループでのレースを繰りひろげている、当社サポートライダー「トモゾー」こと諸富知三選手によるSP100初参戦記です。
    協賛各社各位(敬称略)
    N−plan  DFNori’s 和光ケミカル
    LOOK QRS RABBITHOUSE
    Remotion A−style POSH


    2009年7月1日の昼に自身が持つ携帯電話が鳴った!

    電話の主は、竹造氏。

    竹造氏『レースどうする?雨っぽいからヤメとく?どうしようか?マシン整備も面倒だしなあ。』 

    俺 『別に出てもいいし、出れなくても構わないッスよ(^O^)』

    竹造氏『あとでまた電話する!』

    その6時間後・・・竹造氏『エントリーしといたから(`∀´)』


    俺『(((゜д゜;)))わ、分かりました。ベストを尽くします。』


    そんなやりとりをし、迎えた前日・・・。


     午後から走行予定だったが、不安と楽しみが重なり、あまり睡眠出来なかった

    俺は早朝五時に家を出てしまった(-.-;)

    (意外に小心者の為)現地へ向かう途中、竹造氏へメール。


    『俺は既に向かっている!俺様を待たすなよ』と。

     現地へ到着するが、竹造氏は納品の為、遅れている。

     10時前に遅れてやって来た竹造氏へのご褒美として、予定していた半日走行を1日走行に切り替える!

     マシンは竹造氏の愛機 XR100モタード。

    勿論、初乗り(^o^;)初めてのマシンに初めての4サイクルエンジン久しぶりの12インチ!

     勿論、乗りこなす自信は山ほどあった!
    竹造氏 『俺のベストが47秒2だからね』

     俺『( ´ー`)そんなクソみたいなタイムなら余裕だぜ』と鼻で笑いながらコースイン!!!

     軽く流してから、攻めてみる!!


    事前に禁止事項を与えられた。

     竹造氏 『半クラ使ったら殺すからね(笑)』

     ご存知な方はいるかも知れないが、俺は『日本で3本の指に入る半クラっチャー』

    しかし、自他共に認められる『天才』は器用にXR100モタードを操る・・・

     ハズだった・・・。

    1本目 エンジンブレーキに戸惑いながらも、49秒3

    2本目 若干慣れて、48秒5

    3本目 48秒6、あれっ?

    4本目 やっとの想いで47秒に入れた(+_+)

    その後試行錯誤をしながらも47秒台を出すが、竹造氏のタイムには届かず、47秒5で前日練習を終えた。

     

    迎えた決勝の朝。

    珍しくレース前日練習を頑張った『天才』・・・もとい、『凡人』は、前日の晩に友人宅(サーキットから15分位)へ泊まり酒を浴びた。

    朝方に土砂降りの雨が降り道路が濡れていた為、朝からローテンション(*´Д`)=з

    しかしサーキットが近づくにつれ、路面が乾いていく(^O^)サーキット近辺は雨が降らなかったようだ(田舎町では良くあるようだ)

     サーキットへ入り、竹造氏と共にマシンや工具などを下ろし整備に取り掛かる。

    とりあえず、オイル交換をする。オイルは俺がこよなく愛す『ワコーズ』

    前日しか走ってないにも関わらずオイル交換をする。4サイクルエンジンでは、オイルはセッティングパーツなんだって! (ワタシは知りませんでした)
    エコロジーが大好きな竹造氏は、抜いたオイルをまた缶に戻した!

    竹造氏 『もったいないじゃん(=^▽^=)発電機に使うよん♪』

    どうやら、不況というものに侵されているようだ。

    さて、余計でくだらないレポートを出すと怒られそうなので、そろそろ真面目に・・・。

    本日のエントリーチーム名は『FRP takezo+NーPLAN』

    その日だけ、NーPLANさんのお名前を背負い込む事になった。(プレッシャー 
     

    現所属ショップ、DFノリーズ社長からは、『お前、真面目にやらなきゃNーPLANさんに怒られるぞ(`ε´)』(プレッシャー◆

    現地に遊びに来ていた、友人の全日本ライダー、元NーPLANのライダーにも、激励される(プレッシャー)

    そんな重みを感じながらも、公式練習が始まる。

    竹造氏 『オイル交換したから、2周はゆっくりね( ̄ー ̄)』

    俺『了解しました(*^-^)b』

    たった五分の公式練習を2周ゆっくり走ってからアタ〜ック!!

    しかし、テンションが上がる前に終了。公式練習のベストタイムは48秒3

    俺『やべえ(´∀`)』

    竹造氏『・・・・。』

    無言のプレッシャーを与えて来ました。

    予選前にハンドルの位置を竹造氏に依頼し少しアップハンで走り屋仕様へ!(少し狭く感じるため変更)

    そして、予選へと移る。

    予選前からエンジンを温める為、暖気をする竹造氏!

    竹造氏『油温を上げてから走るようにね(b^-゜)』


    俺『ダミーグリッドで空ぶかしして温めますね(*^-^)b』

    いざ、ダミーグリッドで空ぶかしをするが、4サイクルエンジンは振動が凄い!(2サイクルエンジンに比べて)

    なんと!!

    俺は・・・。

    その振動に気分を悪くし、軽い乗り物酔い状態(((゜д゜;))そして空を見上げる・・・。)
    優れない気分のままコースイン!!


    自分でも分かっているが、俺は気分屋だ!


    一瞬にして本気モードに入り、自己ベストを更新し、予選7位を獲得した!

    タイムは47秒1だっ(`∀´)

    竹造氏にタイム見せると、少しムッとした顔で 『ホホ〜!やるなあ(-з-)』

    何故か悔しそうな竹造氏を後目に、俺はやる気になった!

    何故やる気に?何故なら、#1チャンピオンハラツヨとの差は0、2秒!!

    彼はXR100モタードより若干、戦闘力の高い『エイプ』に乗っている。チャンピオンハラツヨは予選3位だったが、差は少ない。

     
    俺『食ってやる!』とチャンピオンハラツヨ本人を前に宣言した、太陽が眩しい昼休みを終え、次々と決勝が始まって行く。


     

    コメント
    コメントする








       

    Takezoオンラインショップ

    FRP Takezoオンラインショップ
    弊社製品のご注文はコチラから!

    FRP Takezo ホームページ

    プロフィール

    メニュー

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    FRP Takezo ホームページ

    最近の投稿

    アーカイブ

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM